ホーム > 思い出 > 司法書士にお任せ

司法書士にお任せ

任意整理という言葉はよく負債整理というように呼んでいて、それぞれ債権者への借金の返済を行うことを選択した借金整理の方法となります。

 

実際としての手続きですが司法書士とか弁護士事務所債権を持つものと債務者の仲介をして相談し合い法に照らして利息の引き直しをもとにもう一度計算しなおした借り入れた元金についての借入金利を下げることにより3年程度の時間で返済を行っていく債務整理対策です。

 

任意整理には裁判所などをはじめ国家機関が手出しすることはないので他の方策と比べた場合でも、手続きした場合におけるリスクが一番小さく手順が依頼人にそんなに頭の痛い問題がないためまず最初に比較検討する必要があるルートになります。

 

それに、債権を有する者がサラ金といったとても高額な利子ならば法で定められている金利などをゆうに超えて渡した金利分においては借入金の元金に充当できるとして元金そのものを少なくしてしまうことも不可能ではありません。

 

つまり、ヤミ金といったとても高額な借入金利のところに長い期間返してきた場合には期待以上の額を免除できることもありますし、10年以上返してきた例では元金そのものが償却される可能性もあります。

 

任意の整理の良い点を挙げると破産手続きとは違い一部の借金だけを整理することが可能ですので他の保証人が関係している契約以外だけで処理していく場合や住宅ローン以外について手続きをする際などにおいてでも使用することも良いですし財産を手放す義務はないので株式やマンションなどの個人資産を持っているものの、放棄してしまいたくない場合においても有用な借金整理の手順といえます。

 

いっぽうで、手続きを取った後の返済額と実際としての可処分所得を比較検討しだいたい返済の目処が立てられるようであればこの方法で手続きを取るほうが良いといえますが、自己破産手続きとは違って借金そのものがクリアーになるということではありませんので、借金の総量がかなりある場合には任意での整理の手続きを踏むのは難しくなると判断することになるでしょう。

 


関連記事

  1. 別の人生を妄想してみたら

    今まで結婚を考えたけど、結婚しなかった昔の恋人って、なんかいい思い出というか、心...

  2. 司法書士にお任せ

    任意整理という言葉はよく負債整理というように呼んでいて、それぞれ債権者への借金の...