ホーム > おもしろ > 実はスピリチュアルは遠い昔から浸透していた?

実はスピリチュアルは遠い昔から浸透していた?

厄年というのは災難が降りかかってくるというより、年齢的に弱る時期だから気をつけなさいという目印みたいなものだと言う話ですよね。風水もどこにお風呂場を作るとよくない等、昔からの知恵でこの方角だと湿気が多いから病気になりやすいとかデータに基づいた部分もあるということです。そう聞くと、バカにしていた人も信じられるのではないでしょうか。

 

スピリチュアルについて少し詳しくなろう

 

スピリチュアルも非科学的なイメージですが、実は何かあるんでしょうね。あまりにも出鱈目なことを言い出すのは考えるのが面倒だし、結果が伴わないと誰も信用してくれませんからね。もしかするとお年寄りの信じるところの厄年が若者のスピリチュアルかもしれません。名前が変わっていくだけで、何かを信じて祈ったりというのは共通していますからね。


関連記事

  1. 実はスピリチュアルは遠い昔から浸透していた?

    厄年というのは災難が降りかかってくるというより、年齢的に弱る時期だから気をつけな...

  2. 東京での帰化申請はどんな感じ?

    東京での帰化申請の環境って言うのは悪くないと思うんですね。確かに、大阪は帰化申請...

  3. 時間がかかる方法

    民事再生という方法は住宅ローンを含む多重債務の問題に悩んでいる個人を対象とした住...