ホーム > おもしろ > 時間がかかる方法

時間がかかる方法

民事再生という方法は住宅ローンを含む多重債務の問題に悩んでいる個人を対象とした住宅を維持しつつ経済的に再建するための方法として2000年11月にはじまった手段です。

 

民事再生制度には、破産とは違い免責不許可となる要素はないために、ギャンブルなどで債務が増えたようなときでも申請は取れますし自己破産をすると業務が不可能になる可能性のある免許で働いている場合などでも手続きが行えます。

 

自己破産では、住居を対象外にすることは無理ですし、その他の選択肢では、借金した元金は支払っていかなくてはなりませんのでマンション等のローンも払いつつ払っていくことは多くの場合には簡単ではないでしょう。

 

民事再生という処理を選ぶことができれば、住宅ローン以外での負債額は負債を減ずることが可能なため十分に住宅ローンを返済しながらそのほかの債務を返済していくようなこともできるということです。

 

でも、民事再生は任意整理による手続きまたは特定調停などとは違って特定の借り入れを除外扱いして手続きすることはできませんし、破産宣告の場合のように元金自体が消えるわけではありません。

 

くわえて、これとは別の解決手順に比べある程度煩雑で時間が必要ですので、住宅のためのローンを組んでいて住宅を手放すわけにはいかないような時以外で破産宣告等といったそれ以外の整理方法がない時だけの最後に考える解決策と考えた方がいいでしょう。

 


関連記事

  1. 実はスピリチュアルは遠い昔から浸透していた?

    厄年というのは災難が降りかかってくるというより、年齢的に弱る時期だから気をつけな...

  2. 東京での帰化申請はどんな感じ?

    東京での帰化申請の環境って言うのは悪くないと思うんですね。確かに、大阪は帰化申請...

  3. 時間がかかる方法

    民事再生という方法は住宅ローンを含む多重債務の問題に悩んでいる個人を対象とした住...