ホーム > 注目 > 最終的に

最終的に

ようやく開始する時という場合には、始めに準備をおろそかにしてはいけません。

 

取引を始める前場面を論理的に観察する事ができる余地があります。

 

だけれども、いったん市場の内部に入ってしまうとどう工夫しても捉え方が偏ったものになり時として真っ当な判断が出来なくなる不安があります。

 

それゆえに己の考えが論理的な場面で、しっかりと事前準備が大事です。

 

"事前準備"とは、とにかく自分だけのシナリオを書くことから始めます。

 

未来の市場は下がる(または上がる)から、ランドを取引するというふうに自分だけの脚本を書いていきます。

 

次に重要なのはチャートをチェックしましょう。

 

それまでのレートの上下動を見て、今現在の値動きを調べます。

 

そうすれば、「現在は過度に高い水準である」とか、他には「今となっては多数の人が売買しているから、これから遅れて取引してももはや手遅れだな」などと見えてくる。

 

当たり前ですが今となってはエントリーするのが手遅れだなと考えたら、売買しないで、そこのところはきっぱりと諦めることが肝心です。

 

どうあがいてもシナリオを貫いて無理に新しく注文すると、外国為替市場にやられて、むしろ為替差損を受けることになります。

 

ただし大体の場合では用意周到に自身のストーリー展開を書いているとすれば買い(または売り)が遅いなという具合にはならないだろう。

 

おそらく、本格的に相場が動意づく前の状況のはずだからです。

 

続いては、当面は自分が取引しようとしている売買ポジションの変化を、じっくりと確かめる事が必要です。

 

例えば円安に向うと推測する筋書きを描いたのであればその外貨の上げ下げに注目しておくことだ。

 

相場の動きを注意を払い始めた状態では、まだまだ該当の外貨は誰の眼にも明らかに変動する気配を見せることはなく、上や下に細かい変化を繰り返しているだけでしょう。

 

でも、その変化をちゃんと気をつけていると、ある位置で円安へと為替相場が推移し始めます。

 

このチャンスでいよいよドル円の新規注文を出すのだ。

 

普通、注意深く事前の準備を考えておけば、その売買で勝てる可能性は割合高まります。

 


関連記事

  1. 小銭を用意したくない人に楽天のクレジットカード

    ネットショッピングをしたことがある人で楽天を知らない人はいないのではないでしょう...

  2. ウォーキングマシーンを毎日使って運動

      全身を動かすことが痩身の秘訣に必ず不可欠だそうです。  ...

  3. 最終的に

    ようやく開始する時という場合には、始めに準備をおろそかにしてはいけません。 &n...