ホーム > お化粧 > 下まぶたシャドウでニュアンスを

下まぶたシャドウでニュアンスを

アイメイクで普段気をつけていることは、ラインを強く描くよりも、シャドウのグラデーションなどで自然な陰影をつけて目を大きく見せる、ということです。

 

ラインを強調すると、目はパッチリと見えますが、きつい印象や不自然な印象を与えてしまう場合もあるので、肌になじみのよいシャドウでグラデーションメイクをしています。

 

一番のポイントは、下まぶたにシャドウをのせることです。ついつい忘れがちですが、この下まぶたシャドウがあるのとないのとでは、顔の表情のニュアンスが全然違ってきます。

 

女性らしい優しげな表情だったり、女優のようなグラマラスな表情だったりと、いろんなニュアンスをプラスさせることができます。

 

下まぶたにのせるシャドウを選ぶコツは、上まぶたに使用したシャドウより、淡く明るい同系色のシャドウをのせると一番なじみがよく、表情も明るくなり、自然で印象的な目元が演出できます。強いアイラインで目元を強調しなくてもシャドウのグラデーションと下まぶたシャドウで華やかな目元は作れます。

 

まつ毛の美容に気を付けるだけでもアイメイクはかなり変わります。

まつ毛美容液の使い方はこちら